遺言とは|遺言・多重債務の相談は新青山法律税務事務所

TOP >> 遺言とは
遺言について
■遺言とは

遺言とは

死亡した方(被相続人)が遺族に向けて生前に残した意思表示です。遺言書がある場合は、遺言書に記載された内容に従って相続が行われます。自分の希望通りに遺産をわけたいという思いと、相続をめぐる争いを防止しようとすることが目的とされています。
■遺言書の種類
遺言書の形式には、普通方式と特別方式があります。
1.普通方式
■自筆証書遺言

自筆証書遺言は、普通証書遺言の中でも最も制約が少なく、費用もかからないため、簡易にできますが、法律の定めに違反したり、内容があいまいな場合には遺言が無効になる場合があります。また、代筆、タイプライター、ワードプロセッサーなどによるもの、および、日付印、ゴム印などを利用したものは無効になります。また死亡後、裁判所の検認手続きが必要です。

■公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人が作成する方式で、無効な遺言書となることや、改ざんされることが少なく、紛失しても謄本を再発行してもらえます。費用と手間はかかりますが最も確実な遺言であるといえます。

■秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言内容を知られずにその存在を明確にしておきたい時の方式です。秘密性は高いのですが、公証人役場に保管はされません。保管は本人のため紛失のおそれがあります。

2.特別方式
■自筆証書遺言

緊急時など通常の遺言方式では遺言を残せない場合など、例外的に認められている方式です。例えば病気やけがなどで突然遺言者が危篤状態に陥ったときに証人が3人以上の立会いのもとならば、遺言者が口述で遺言を残すことができます。ただし20日以内に家庭裁判所で検認手続を経ないと、この遺言は無効となります。