生前贈与とは|遺言・多重債務の相談は新青山法律税務事務所

TOP >> 生前贈与とは
生前贈与について
1.生前贈与とは

生前贈与とは

、資産家が生前に財産を相続予定者等に分け与えることです。これによって将来負担すべき相続税額を減少させることができ、準備する納税資金も少なくて済むようになります。

贈与税の申告は、1年間に110万円を超える金銭や不動産の贈与を受けた人が、申告しなければなりません。つまり、年間110万円以下の贈与であれば課税されず、たとえ110万円を超えた場合でも、超えた分だけに課税されます。これを「一般課税方式」と呼んでいます。

ただし、一般の家庭においては、生前贈与が相続税対策に役立つかどうかは確かではありません。自身の資産状況を把握し、うまく活用しなければ贈与税の税率が相続税よりも高く設定されているため、返って高くなる恐れがありますので注意しましょう。

2.贈与税とは
  • 個人から現金や不動産などの財産を無償で貰った場合にかかるのが贈与税です。その際に注意したいのは、時価より著しく低い価格で、財産を買った場合や金銭の支払いが無いのに不動産の名義を変更したり、借金の返済の免除を受けた場合に贈与税の課税対象となります。
  • 個人から1月1日〜12月31日までの1年間に110万円を超える財産をもらった場合、贈与税がかかります。
3.贈与税の計算方法
(一年間に受けた贈与財産の価格の合計)−[基礎控除額(110万円)]×税率=税額
■速算表(一部省略)
適用税率 控除後の課税対象価格 控除額
10% 150万円以下 -
15% 200万円以下 7.5万円
20% 200万円以下 17.5万円
25% 350万円以下 30万円
30% 450万円以下 47.5万円
35% 600万円以下 70万円
40% 800万円以下 100万円
45% 1,000万円以下 140万円
70% 1億円を超える 1,090万円
基礎控除が110万円なので年間110万円までの贈与は税金がかかりません。